かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一!!を目指すサイト

かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一を目指しているサイトです。ここならアナタの欲しいと思う財布が必ず見つかるはず!!

10年ほど使っている渋めのBALLY(バリー)メンズ二つ折り財布をレビュー

      2017/02/18

渋めのBALLY(バリー)メンズ二つ折り財布

今回ご紹介するお財布はバリーの二つ折り財布です。

10年ほど前にハワイの免税店にて約3万円ほどにて購入したと記憶しています。

 

バリーといえば、例えばグッチやシャネル、ヴィトンほどに超有名なメガブランドといった訳ではないですが、銀座にはしっかりと路面店が出来ていますし、一流のブランドといって差し支えのないブランドです。

イタリアやフランスのブランドが多い中でスイスのブランドというのも珍しいのではないでしょうか。元々はリボンの製造販売からスタートしたブランドのようです。少し前まではバリーの男性物のお財布は渋い、大人の落ち着いた印象で定着していましたが、最近では20代の比較的若い男性からも人気があるようです。

 

バリーの中でも渋いデザイン

私が購入した二つ折りのお財布はデザイン的には現在販売されている「TYE」と呼ばれるラインのデザインに近いものです。

TYE

よく鞣された牛革をベースに作られ、外側の中央にはナイロン生地が配されており、重厚な黒の色味と牛革ならではのしっかりとした大人の雰囲気の質感に対して、ナイロン生地のカジュアルな印象によって重さが中和されたバランスの良いデザインです。

牛革とナイロンの生地の組み合わせは、バリーブランドの革小物では定番中の定番のデザインになっています。

ナイロン生地の中央のラインデザインはレッドやブルーなどカラフルなデザインが今でも用意されていますが、こちらのお財布はベージュ系のサンドカラーなのでカジュアル過ぎない印象を与えてくれます。

バリーブランド全般に見られるこのナイロン地による一本のラインデザインは前述しましたが、創業時のリボンの製造販売から来ているデザインのようです。

 

購入当時は20歳だった私は、少し背伸びをして大人のファッションをしたい気持ちが強かったので、当時のバリーのラインナップの中でも、特に渋いデザインだったこのお財布を購入したのでした。

 

バリー二つ折り財布の使用感

外観の格好良さだけに留まらず、使用感も抜群に良かったのがこのお財布の長所です。

IMG_0059s

お財布の内側の一面で、カード4枚の収納と、プラスアルファで使用頻度の高くないカード類を、その更に下のスペースにしまっておくことができます。

またお札入れも仕切りつきで2列ありますので、少額紙幣と高額紙幣に分けることが出来ますし、なにより通常の二つ折り財布より縦幅が長いのでお札以外のメモ紙やレシート、整理券などを入れておくことが出来ます。

IMG_0066s

 

小銭入れも通常であればお札入れのある方向に上蓋が付いて、上方向に取り出せるようにしてあることが一般的ですが、このお財布は右方向に開けるように作られていますので、お財布を開けた時に右手の親指でそのまま小銭入れを開ける動作にスムーズに移れます。

IMG_0059ss

二つ折りとしてはかなり大きいサイズ感であるにも関わらず、ストレスなく小銭の出し入れをすることが出来ました。

 

マイナス点はほとんどありませんが、お札入れのスペースに余裕があることによって、お札以外のレシートなどが入れておける点が仇となり、あまり余計な紙類を入れ過ぎると場合によっては、お札を開けた時に汚い印象を人に与えてしまうことでしょうか。

もちろんお財布自体が悪いのではなく、使う側の整理整頓の頻度次第にはなると思います。

あとは全体的に大きいサイズですので、タイトなジーンズなどのバックポケットに入れておくことが出来ません。ただそのおかげで綺麗な状態を保つことが出来ていますので、まるっきりマイナス点とも言えないところですが。

 

10年使用したバリーのエイジング

最初からよく鞣してある牛革ですが使うごとに柔らかさは増していき、手に馴染んでいきます。

10年使用したバリーのエイジング

頻繁に折り曲げる部分には当然自然なシワが寄ってはいきますが、10年ほど使用しても長く使い込んだ味や風合いとして見る事ができる許容範囲内の使用感です。

ラフには使用してきていませんが、それでも10年使用してこの程度のダメージで済んでいますので、当時からバリーのお財布はかなり頑丈に作られているようです。縫製のほつれなども見当たりません。

 

バリーの財布はおすすめ

もしかするとまだまだ10代、20代の若い世代ではバリーの定番のお財布を見ても、すぐにどこのブランドのものか分かる人は少ないかもしれませんが、逆にそこを長所として見れば他の人にブランド好きのミーハーと思われることもなく、購入に際し支払った金額に見合った長く使える高品質のお財布を持つことが出来ると言えます。

革の色やナイロン部分のラインカラーなど今では様々なパターンから選ぶ事が出来ますし、定番からシーズン限定のモデルもありますので、ご自身のお財布選びから家族やご友人のプレゼント選びの際は、ぜひ選択肢の一つとしてバリーブランドのお財布を考えてみてください。

 

バリーの在庫を見てみる

 

 - メンズ革財布レビュー集 ,

おすすめブランド
ココマイスターは人気があり品薄が続いている日本の革製品ブランドです。

日本製でイタリアンレザーを使用した上質な長財布が、2万円代という良心的な価格から手に入れられるので、財布をどれにしようか迷っているのであれば、一度は覗いて欲しいブランドです。



プレゼンに最適なJOGGO
こちらのJOGGOは13色の本革を組み合わせ、世界に1つだけのオリジナル革製品をWeb上のシミュレーション画面で、簡単に創れるサービスを展開しています。

名前の刻印や、ラッピング&メッセージカードなども揃えられており、これだけサービスが充実しているのに、本革ラウンドファスナー長財布が14,800円とお手頃価格なため、プレゼントによく選ばれています。



ブライドルグランドウォレットレビュー
JOGGO
ココマイスターのコードバン二つ折り財布を2年大切に使った感想

おすすめの財布レビュー
ロンドンブライドルグラディアトゥールを買った感想レビュー
ココマイスターの『プルキャラッククラウディオ』を購入しての感想
樹木の風合いが魅力的な長財布『オークバークブリストル』をレビュー
1年使ったジョージブライドルロイヤルウォレットを徹底レビュー
マットーネ ラージウォレットレビュー
クリスペルカーフレビュー
アヤメアンティーコレビュー
大人の雰囲気マルティーニクラブウォレットを徹底レビュー
ココマイスターコードバンレビュー
フライングホース
コルボレビュー
ノイインテレッセレビュー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

マザーハウス長財布
社会貢献レザーブランド!マザーハウス長財布の使い心地は?

バングラデシュで主にバッグを製作している社会貢献企業「マザーハウス」の長財布です …

Ferragamo(フェラガモ)の二つ折り財布
Ferragamo(フェラガモ)の二つ折り財布を1年間使ってみて感じたこと

イタリアのフィレンツェに行った際、手ごろな財布が欲しいと思い何店舗かブランド店を …

内装
SOMES(ソメスサドル)長財布を1年使用した感想レビュー

ソメスサドルの長財布を使ってみた感想を素直にレビューしたいと思います。 &nbs …

castelbajac1
CASTELBAJAC(カステルバジャック)の財布をレビュー

カステルバジャックというと、若者のファッションというイメージもあるかもしれません …

イルビゾンテのロゴ
バッファロー革の代表格!イルビゾンテの革財布をレビュー

おしゃれ系の男女に人気なイルビゾンテ。シンプルな中におしゃれ要素がたくさん隠され …

BALLY(バリー)白色長財布
BALLY(バリー)限定色で買った白色長財布の魅力をレビュー

BALLYの長財布を購入してから約3年たちました。 飽きる事なく、変わらず愛用を …

ワニのマークでお馴染みのcrocodile(クロコダイル)二つ折り財布
ワニのマークでお馴染みのcrocodile(クロコダイル)二つ折り財布をレビュー

愛用しているクロコダイルの二つ折り財布は、私が会社の中で、5年前に転勤したときの …

1ヵ月後のブライドル・インペリアルウォレット
ココマイスターブライドル・インペリアルウォレットの購入レビュー(スイスレッド)

ココマイスターのブライドル・インペリアルウォレット長財布を買って1ヶ月が経過しま …

生活スタイルに合った財布
10年以上使ったコーチのポリッシュコインウォレットを評価

この財布は10年以上前に、海外旅行のお土産としてもらいました。 コーチの「ポリッ …

サルバトーレマーラの財布
コスパ重視でデキる大人を演出する財布「サルバトーレマーラ」

オシャレな長財布を求めて 以前使っていた財布があまりにも幼すぎたので、これからは …