かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一!!を目指すサイト

かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一を目指しているサイトです。ここならアナタの欲しいと思う財布が必ず見つかるはず!!

5年使ったBREE(ブリー)二つ折り財布のエイジングや使用感

   

5年使ったBREE(ブリー)二つ折り財布

財布はハワイに旅行に行った際にBREE(ブリー)のショップで購入しました。

この財布を選んだ理由ですが、私はいつもお財布を持ち歩くときにはズボンの後ろポケットに入れていますので、長財布だとかなりポケットからはみ出てしまいます。

車の整備の仕事をしておりますので、仕事柄立ったりしゃがんだりすることが多く、仕事中に時に落としてしまうリスクが高くなるため、財布を選ぶときはズボンのポケットにすっぽり入る二つ折り財布を使うようにしています。

以前長財布を使っていたこともありましたが、よく落としてしまったのと、ズボンのポケットからはみ出た部分が整備中の車に引っかかったり、ワゴンに載せてある工具に引っかかって工具を落としてしまったり、余計な手間が増えましたので二つ折り財布にいきつきました。

 

BREE二つ折り財布の使用感

素材が豚のヌメ革で出来ておりコーティングや塗装がされておりませんので、使えば使うほど革の味が深まってきます。

使えば使うほど革の味が深まってくる

実際メーカーもユーザーごとの使用感を大事にしているようで、その点も気に入っています。

 

また小銭入れの部分も、左手で財布を持って小銭入れを開ける際、中央から外向きへのフラップの財布は良くありますが、開いた時に小銭が見える位置まで開けば良いのですが、覗き込まないと小銭が見えないタイプが多く、使いづらいと感じていました。

この財布に関しては外側から小銭を覗き込むことができますので、非常に使い勝手が良いと思います。

外側から小銭を覗き込むことができる

 

札入れも入り口が大きく、二つに分かれていますので几帳面にお札を分けて入れる人も、あまり分けずに適当に突っ込む人も使い勝手は良いと思います。

実際、私はコンビニやスーパーなどで会計をする際は、小銭かお札かどちらを先に出されても、または同時に出されても大体対応できています。

 

二つ折り財布としてはカードがたくさん入るのですが、少し気になる点としてはカードをたくさん入れるととても厚みが増してしまいますので、座った時に違和感が大きくなります。

カードがたくさん入る

対応策としてはあまり使わないカードは家に置いておくようにしています。

 

BREEのエイジングについて

このメーカーは財布だけでなくバックやペンケースなども真っ新のヌメ革の状態で販売しておりますが、当然新品の時は完全な肌色をしており使用感は全くありませんでした。

新品の時は完全な肌色

上記画像はブリーで販売されている新品の財布で、種類は違いますが私の財布も新品時はこのような色合いでした。

メーカーのほうも元々ユーザーの使い方に応じて染まる革製品というのを重視しているので、オイルで染色された製品もラインナップには少数しかありませんでした。

 

いくら後から色が変わるとはいえ、当初はあまりのも薄ピンクに近い肌色ですので、男の私が持って歩くのも抵抗があるほどでしたが、取扱説明書に購入から1週間程度の間は、日光に当てるようにとありましたので、そのようにしたら少し日焼けして使用感が出、持ち歩いたり、人前で出す時の抵抗感もなくなりました。

最初に日焼けさせるエイジングに関して、二つ折りの財布ですので内側の面もよく焼くと良かったのですが、外側の面に比べるとあまり焼かなかったので、5年経った今でも外側の面よりかなり白くなっています。

最初の日光に当てる作業は、1週間と言わず1か月以上を目安に長めに行った方が良いかもしれません。

購入した時はすぐに使いたい衝動に駆られていましたが、今から思えばもっとよく焼いておけばよかったと後悔している気持ちもあります。

先述したようにその程度の素焼きでも多少は色が付きました。

 

その後はすぐには変わりませんが、半年ほど使用したらだんだん人間の皮脂も入っていくのか色合いが変わってきます。

着色に関しては無理にオイルなど塗らなくても良いと思いますが、私は皮が乾燥してきたときだけ、ミンクオイルをつけるようにしています。

多少の乾燥だったら脂取り紙の代わりに自分の顔に擦り付けるときもあります。

脂取り紙の代わりに自分の顔に擦り付ける

今では同じ型のBREEの財布がいくつも置いてあっても見分けがつく位自分に馴染んでいると思います。

 

まとめ

使えば使うほど愛着がわく種類の製品なので、今では買い替える気持ちやもう一つ財布を買う気持ちは全くありません。

ずっと愛用していこうと思います。

 

ブリーの在庫を見てみる

 

 - みんなの革財布レビュー集 , ,

おすすめブランド
ココマイスターは人気があり品薄が続いている日本の革製品ブランドです。

日本製でイタリアンレザーを使用した上質な長財布が、2万円代という良心的な価格から手に入れられるので、財布をどれにしようか迷っているのであれば、一度は覗いて欲しいブランドです。



プレゼンに最適なJOGGO
こちらのJOGGOは13色の本革を組み合わせ、世界に1つだけのオリジナル革製品をWeb上のシミュレーション画面で、簡単に創れるサービスを展開しています。

名前の刻印や、ラッピング&メッセージカードなども揃えられており、これだけサービスが充実しているのに、本革ラウンドファスナー長財布が14,800円とお手頃価格なため、プレゼントによく選ばれています。



ブライドルグランドウォレットレビュー
JOGGO
ココマイスターのコードバン二つ折り財布を2年大切に使った感想

おすすめの財布レビュー
ロンドンブライドルグラディアトゥールを買った感想レビュー
ココマイスターの『プルキャラッククラウディオ』を購入しての感想
樹木の風合いが魅力的な長財布『オークバークブリストル』をレビュー
1年使ったジョージブライドルロイヤルウォレットを徹底レビュー
マットーネ ラージウォレットレビュー
クリスペルカーフレビュー
アヤメアンティーコレビュー
大人の雰囲気マルティーニクラブウォレットを徹底レビュー
ココマイスターコードバンレビュー
フライングホース
コルボレビュー
ノイインテレッセレビュー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

フェンディの素材
2年間フェンディラウンドファスナー長財布を使った本音レビュー

2年前に買った、フェンディのラウンドファスナー長財布の、レビューをさせていただき …

ITADAKI(イタダキ)の長財布
人と被らないオシャレなITADAKI(イタダキ)の長財布をレビュー

3年前、色々スッキリしないなという時期がありました。一つのきっかけとしてまずはお …

PILOTの長財布
1年間PILOT(パイロット)の長財布を使用した本音レビュー

PILOTと言えば、万年筆で有名な文具メーカーですが、実は文具以外にも革製品の小 …

ブリー長財布
安い財布を使っていた私がブリーのヌメ革財布を7年愛用した結果

私はこのBREE(ブリー)の革財布を使用して7年が経ちます。 それまでは比較的低 …

マスターピース長財布
大容量の収納!3年使ったマスターピースのメンズ長財布をレビュー

日本でカジュアルバッグの製造販売をメインに行っているメーカー、master-pi …

コーチの長財布
頑丈で機能的なコーチオプアートメンズ長財布のレビュー

手軽にブランド品が楽しめるコーチの革財布 4年程度前に購入して、今もお気に入りで …

スーツやビジネスに合う薄くシンプルなダンヒル長財布
スーツやビジネスに合う薄くシンプルなダンヒル長財布の使い心地

私が今使っているダンヒルの財布について紹介します この財布を選んだ理由は、店頭で …

サンローラン長財布
モード系メンズ長財布サンローランの魅力とデメリットを本音で評価

私がSAINT LAURENT(サンローラン)を選んだのは、このモードな美しさに …

ヴィヴィアンの二つ折りメンズ革財布
セールで購入したヴィヴィアンの二つ折りメンズ革財布をレビュー

ヴィヴィアン・ウエストウッドというと「中性的なおしゃれ」というイメージがあり、こ …

アブラサス薄い財布
アブラサスの薄い財布を2年使った率直な感想。これは人を選ぶ

私は今、アブラサスの究極に薄い財布を使っています。 この財布はかなり特徴がある財 …