かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一!!を目指すサイト

かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一を目指しているサイトです。ここならアナタの欲しいと思う財布が必ず見つかるはず!!

一目惚れのポーター ホフメンズ長財布を4年間使い続けた感想

   

ポーターホフのメンズ長財布

この財布を購入したのは大学を卒業して、社会人になる春休みでした。

それまで私はメーカー名もわからないゴテゴテとしてチェーンや装飾の入った派手な財布を使っていたのですが、それを仕事に持っていくわけにもいかず、就職祝いとして購入したのがホフでした。

 

ポーター ホフの見た目に一目惚れ!!

最初にこの商品を見たときは、完全な黒色ではなくどこかダークグレーと言った色合いでした。革も光沢があってツルツルとしていなく、ダメージ加工のような物が施されていました。

言葉で聞くと厭らしいイメージがあるかも知れませんが、実物はとても綺麗で、価格がもっと高い商品よりも素晴らしいと感じたのです。

色々とどの商品にしようか悩んでいたのですが、ホフを見た瞬間に決意が決まり即購入しました。

上の写真ではそこそこ綺麗に見えますが、流石に4年間どこに行くにも使い続けた今では傷がたくさん入っています。

傷だらけのポーターホフ

 

見た目だけで選んだポーターホフの使い心地

ホフは完全に見た目だけで購入し、中身などの確認は一切しませんでしたが、4年間使って使いにくいと思ったことは一度もありません。実際の中身はこうなっています。

ポーターホフ長財布の内装

カード入れは前に2つ、真ん中に4つ、開く側にも4つあります。私はカードを基本的に作らない人間なので、これでも持て余していますが、長財布の特権である収納スペースを活用すれば15枚までは入ると思います。

そのためカードをたくさん持つ人でも困ることはないでしょう。

 

ポーターホフの小銭いれ部分

小銭入れはファスナーが付いており、小銭を落とす心配はありません。また、口が広く視認性が良いため、小銭の取出しがしやすいです。貰ったお釣りをしまう時もスムーズにいきます。

 

ポーターホフの札入れ部分

札入れも3個所あり、お札ごとに分けて入れる使い方も出来ますし、用途ごとに分けて入れる方法もあるでしょう。

収納部分は吉田カバンらしい基本にして最も理に叶った作りと言えます。目新しさはありませんが十分すぎます。

 

4年間使い続けて気が付いたポーターホフの変化

現在のホフは、色は黒色で、光沢があり、傷だらけになってしまっています。

最初の頃の写真は持っていないため、カードの裏に隠れ僅かに残っていた最初の革の様子を示した写真を撮ってみたのですが…どうでしょ?

ポーターホフの使い始めの革

わかりにくい写真で申し訳ないのですが、周りと色合いが違い、光沢もなく、傷ではないダメージ加工のような表面が見て取れるかと思います。赤線で囲んでいる辺りです。

私はこの革に一目ぼれしてこの商品を購入しました。そのため正直今の光沢のあるこの財布より、この部分こそが最も美しいと思います。

しかし、それはそれ。これはこれ。いくら美しくとも4年間と言う時間の酸いも甘いもを共にしてきた存在が、若造に負けることはありません。

至る所に残る勲章のような傷は唯一無二の一点ものである証。これこそが革財布の魅力だとホフを使っていく中で確信しました。

 

私はお世辞にも丁寧に扱っていると言えませんが、それでも傷は付いても状態にはほとんど変化がありません。

縫製部分や、ファスナーと言った細かい所はかなり頑丈に作られているようです。さすが日本製と言ったところでしょうか。

しかし、両端の部分だけは色移りをし痛みも激しいです。

両端の消耗が激しいポーターホフの財布

もし、ホフを購入される方がいましたら、この部分の扱いだけには注意した方がよろしいかも知れません。

 

吉田カバンPORTERの特徴と使ってきた感想

あえて語る必要もないほど有名なメーカーである『吉田カバン』の自社ブランドである『PORTER』は、無難なデザインと日本製を象徴したしっかりとした作りで、老若男女幅広い人たちに愛用されているブランドです。

革製品よりはキャンバス素材の製品のイメージが強いかも知れませんが、ホフのようなしっかりとした革製品も販売しています。

ポーターホフのロゴ

ただ、その商品の質の良さは多くの人に認められても、ブランド力は国内では弱いようです。

そのためブランド志向の強い人たちからは「ダサい」と言ったイメージを持たれている事も事実です。私自身「その歳でPORTER?」と笑われた経験があります。

それをどう取るかは自分次第だと思います。私は少なくとも自らの意思でこの財布とお別れすることはありません。それぐらいに素晴らしい商品だと言うのが4年間使い込んだ感想です。

海外のブランド品も良いかも知れませんが、ずっと一緒に過ごす財布を求めているのなら、吉田カバンの堅牢さは何よりの魅力かも知れません。

 

この財布の在庫を確認する

 

 - メンズ革財布レビュー集 ,

おすすめブランド
ココマイスターは人気があり品薄が続いている日本の革製品ブランドです。

日本製でイタリアンレザーを使用した上質な長財布が、2万円代という良心的な価格から手に入れられるので、財布をどれにしようか迷っているのであれば、一度は覗いて欲しいブランドです。



プレゼンに最適なJOGGO
こちらのJOGGOは13色の本革を組み合わせ、世界に1つだけのオリジナル革製品をWeb上のシミュレーション画面で、簡単に創れるサービスを展開しています。

名前の刻印や、ラッピング&メッセージカードなども揃えられており、これだけサービスが充実しているのに、本革ラウンドファスナー長財布が14,800円とお手頃価格なため、プレゼントによく選ばれています。



ブライドルグランドウォレットレビュー
JOGGO
ココマイスターのコードバン二つ折り財布を2年大切に使った感想

おすすめの財布レビュー
ロンドンブライドルグラディアトゥールを買った感想レビュー
ココマイスターの『プルキャラッククラウディオ』を購入しての感想
樹木の風合いが魅力的な長財布『オークバークブリストル』をレビュー
1年使ったジョージブライドルロイヤルウォレットを徹底レビュー
マットーネ ラージウォレットレビュー
クリスペルカーフレビュー
アヤメアンティーコレビュー
大人の雰囲気マルティーニクラブウォレットを徹底レビュー
ココマイスターコードバンレビュー
フライングホース
コルボレビュー
ノイインテレッセレビュー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

10年使っても壊れないシンプルな鹿革印伝甲州の長財布
10年使っても壊れないシンプルな鹿革印伝甲州の長財布をレビュー

今回紹介するのは、山梨県甲府市に本店を構え、甲州印伝を取り扱う印傳屋の長財布です …

フェリージのコロコロ長財布(限定色)
フェリージのコロコロ長財布(限定色)を4年使って感じた評価

イタリアの鞄ブランドFelisi(フェリージ)のロングウォレットです。カラーは黒 …

2年使ったMaturi(マトゥーリ)のエグゼクティブコードバン二つ折財布
2年使ったMaturi(マトゥーリ)のエグゼクティブコードバン二つ折財布をレビュー

今回は『Maturi』(マトゥーリ)の革財布についてレビューさせていただきます。 …

オシャレなデザインのポールスミス財布
評判通り!ポールスミスの長財布を2年使ったのでレビュー

現在、私は20代後半のアラサーです。大学生の頃にポールスミスにハマってしまい、そ …

フェリージ二つ折り財布
4年で美しいエイジングに仕上がったフェリージ革財布の使い心地

数年前からフェリージの革財布を使っています。 別の革財布も愛用しているのですが、 …

ポーターの長財布
白のメンズ長財布吉田カバンポーターの使い心地を本気でレビュー

私が気に入って使っている、吉田カバンのPORTER(ポーター)の財布を、全力で評 …

エッティンガー長財布
私の財布は英国王室御用達の逸品!エッティンガーの魅力を解説

とにかくかっこいいエッティンガーの財布 スーツを着用するあらゆる機会では、時には …

アンダーカバー革財布
人を選ぶ割り切ったデザインが特徴のアンダーカバー革財布をレビュー

私が愛用しているアンダーカバーの革財布です。 購入してからかれこれ7・8年、ずっ …

CRIMIE(クライミー)の「10TH STAR WALLET」
ルード好きにはたまらないCRIMIE(クライミー)の「10TH STAR WALLET」をレビュー

知人から購入し、不都合もなく5年近く愛用している財布です。 財布のブランドとして …

Roen(ロエン)の長財布
ロック系ファッションRoen(ロエン)の長財布を2年使ったレビュー

今では様々なミュージシャンや俳優・モデルの方に好まれ、ロックファッションの代名詞 …