かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一!!を目指すサイト

かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一を目指しているサイトです。ここならアナタの欲しいと思う財布が必ず見つかるはず!!

多様なニーズに応えてくれた『ブライドルアルフレートウォレット』をレビュー

      2016/11/08

革財布を新調しようと思い、「ここはどんな感じかなー」と、軽い気持ちでフラリ…覗き見のつもりで入ったココマイスターだったんですが、一度入ったら抜け出て来れなくなってしまいました。

ココマイスター銀座店

何しろ商品の種類が、多いこと多いこと…!海外から取り寄せているという、様々な素材の革を使った財布やバッグのシリーズがいくつも展開されている上に、カラーバリエーションもかなり豊富で、この中から本当に欲しいものを一つに絞るというだけで、それはもう大変なことだと感じてしまうくらい、とにかく選択肢が多く、魅力的なブランドだと思いました。

 

しかも、同じ素材の革を使った、そっくりな財布が、なぜか違う名前で売られている!?…と、思いきや、実は微妙に細かい仕様が違っている…みたいな。

そういった、本当にカユいところに手が届くかのような商品の取り揃え方には、頭の下がる思いがしました。

多種多様なニーズに合わせて細かい変化を付け、商品の種類を豊富に揃えるというやり方は、日本人ならではですよね。日本のデザイナーさんや、職人さんは、感性がキメ細やかなんだろうな、と思います。

 

自分のライフスタイルに合いそうな、気になる商品を色々と手にとって見比べているうちに、初めて入ったよく知らない店だけれど、もうこのブランドに決めてしまおう!と、その場で決意してしまいました。

ココマイスターが、近年、日本のビジネスマンの間で注目を集め始めている、超人気ブランドであるということは、恥ずかしながら購入した後で知りました。

 

アルフレートウォレットの特徴

アルフレートウォレット

私が購入したのは、ブライドルという革のシリーズから出ている『アルフレートウォレット』という商品です。

ブライドルを使った長財布で、スッキリとスリムな設計になっている他、表面の色と内装の色がツートンで仕上げられているというのが大きな特徴です。

 

ちなみに、全く同じシリーズで、同価格帯の財布の中に『インペリアルウォレット』というものと、『ブレンデルウォレット』というものもありました。

私の購入した『アルフレートウォレット』とあわせ、この3つの商品は、一見すると全く違いがわからないくらいソックリです。

そんな中で、私がアルフレートウォレットを選んだポイントは、財布の中央部にちゃんと小銭入れが付いているということと、カードを入れられる枚数が多過ぎず、少な過ぎずの絶妙なラインだったということです。

アルフレートウォレットを選んだポイント

ブレンデルウォレットは、小銭を入れるスペースがなく、お札とカード入れに特化していたので、私のライフスタイルにはちょっと合わないかな?と思いました。

ちなみに、このタイプの財布を使う人って、小銭はどうしてるんですかね…。小銭入れを別に持ち歩いているのか、それとも「お釣りはけっこうです」と、毎回店員さんに言って、もらうのを断っているのか、謎です。

 

インペリアルウォレットの方とは、最後まで迷いました。

こちらは財布の内部にまでカード入れが付いていて、容量的にはかなり助かりそうだなーと思ったんですが、少しでもスッキリとしたフォルムのものを持ち歩きたいという思いがあったので、最終的にアルフレートウォレットに決定したというわけです。

それでも、アルフレートウォレットには、11枚もカードポケットがあり、さらにフリーポケットも3つほど付いているので、これでも充分過ぎるくらいだと私は思っています。

 

デザイン性も堅牢性も高いのが魅力的

この財布、革で黒なのに、ちっともオジサン臭さを感じないと思いませんか?私はその理由は、内装が淡いベージュカラーだからだろうと、勝手に分析しています。

デザイン性も堅牢性も高いのが魅力的

このツートンな感じがスタイリッシュで、デザイン性の高さにつながっており、若さを感じさせてくれるような気がしているんです。

 

カードは縦に収納していくタイプで、とても見やすいです!

カードは縦に収納していくタイプ

小銭に関しては、構造上薄くあることを最重要視しているのか、マチ幅がそれほど設けられておらず、自分でビロッと開かないと、しっかり中までは見えません。

マチ幅がそれほど設けられておらず

それでも、横幅がとても長いですし、小銭を取り出す際に、それほど不自由を感じたことはありません。

 

ブライドルは、使い始めが表面に白く粉が噴いたような雰囲気のちょっと特殊な革で、ツルッとした革製品とはまた違う、なんとも言えない趣のある高級感を感じさせてくれるんですよね。

ブライドルは、使い始めが表面に白く粉が噴いたような雰囲気

ヨーロッパで馬具に使用されているという革だけあって、耐久性のあるところが魅力とのことで。

私は手入れをこまめに行えるようなタイプの人間ではないため、ブライドルが堅牢性の高い革でよかったと思っています。

大切に使えば何十年もの使用に耐え得る商品とのことなので、長く使い続けていくつもりです。

 

まとめ

以上、ココマイスターのアルフレートウォレットに関する特徴や使用感のレビューを書かせてもらいました。

革の素材も、丁寧な造りも、とても気に入っているので、機会があったら、他の商品も調べてみたいです。

バッグや、その他の革製品なども、たくさん展開されていたようなので、またお店に立ち寄ってみたいと思っています。

 

ブライドルアルフレートウォレットの在庫を見てみる

 

 - メンズ革財布レビュー集 ,

メンズ財布ブランド選りすぐり10選

おすすめ記事

財布や鞄・バッグを買う前に知るべき日本の革ブランド65選

メンズ革財布を扱っているイタリアのブランド33選

ナチュラルな風合いがたまらないヌメ革の財布ブランド10選

素材の良い財布が欲しいのでハイブランド品の原価がいくらか調べた件

ブライドルグランドウォレットレビュー
JOGGO
ココマイスターのコードバン二つ折り財布を2年大切に使った感想

おすすめの財布レビュー
ロンドンブライドルグラディアトゥールを買った感想レビュー
ココマイスターの『プルキャラッククラウディオ』を購入しての感想
樹木の風合いが魅力的な長財布『オークバークブリストル』をレビュー
1年使ったジョージブライドルロイヤルウォレットを徹底レビュー
マットーネ ラージウォレットレビュー
クリスペルカーフレビュー
アヤメアンティーコレビュー
大人の雰囲気マルティーニクラブウォレットを徹底レビュー
ココマイスターコードバンレビュー
フライングホース
コルボレビュー
ノイインテレッセレビュー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

HARE(ハレ)の長財布
希少!HARE(ハレ)の長財布を1年間使用した感想を本音でレビュー

HARE(ハレ)というブランドは、主に洋服で知られているので、財布に関してはイン …

DIESEL(ディーゼル)の二ツ折財布を5年間使った評価レビュー
DIESEL(ディーゼル)の二ツ折財布を5年間使った評価レビュー

DIESEL(ディーゼル)の二ツ折財布を私が5年間愛用した感想をレビューします。 …

セトラーでベストセラーモデルのOW1563 COIN WALLET
5年使用しているSETTLER(セトラー)の2つ折り財布をレビュー

セトラーでベストセラーモデルのOW1563 COIN WALLETですが、5年使 …

レパント長財布
スペインマドリッドの子羊製長財布Lepant(レパント)

■日本で入手が難しい財布 『Lepant』(レパント)はスペインはマドリッドにあ …

ITADAKI(イタダキ)の長財布
人と被らないオシャレなITADAKI(イタダキ)の長財布をレビュー

3年前、色々スッキリしないなという時期がありました。一つのきっかけとしてまずはお …

カラフルなデザインに仕上げ
mywalit(マイウォリット)愛好家が長財布の使い心地をレビュー

数年前財布を買い換えようと、インターネットショッピングにてひたすら財布の画像検索 …

バギーポートのキップレザー長財布
5年愛用!バギーポートのキップレザー長財布のエイジングは絶品

5年前からずっと愛用しているのが、このBAGGY PORT(バギーポート)キップ …

コーチ青の二つ折り財布
適度な値段で名の知れたブランドであるコーチの二つ折り財布をレビュー

私が愛用しているコーチの二つ折り財布を紹介します。   コーチ二つ折り …

カルロカルマーニのメンズ長財布
子羊革のメンズ長財布!カルロ カルマニーニの使用感をレビュー

私は今年で6年目になるイタリア製の革財布を愛用しています。 Carlo Carm …

10年使っても壊れないシンプルな鹿革印伝甲州の長財布
10年使っても壊れないシンプルな鹿革印伝甲州の長財布をレビュー

今回紹介するのは、山梨県甲府市に本店を構え、甲州印伝を取り扱う印傳屋の長財布です …