かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一!!を目指すサイト

かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一を目指しているサイトです。ここならアナタの欲しいと思う財布が必ず見つかるはず!!

野性味溢れる水牛革の風合いchahat(チャハット)長財布

   

チャハット長財布

この財布は、水牛の革で作られており、ブランド名は「chahat(チャハット)」と言います。

メンズのセレクトショップのお店で見た瞬間に、とても気に入り衝動買いしました。以前からナチュラルなイメージの革財布を探していたので、ぴたりと好みの条件をクリアしていると直感しました。

実際に3年使った感想として、この財布にはおすすめしたいポイントがいくつかあるので紹介します。

 

シンプルさは抜群。飽きのこないデザイン

シンプルさは抜群

フラップを開けると、札入れとカード入れがあります。マチはあまり取っていないところがお気に入りです。

札は10枚程度にしています。財布を片手でつかんだときに、あまりにゴワゴワとしたり、ぽっこりと膨らんでいては、おしゃれな感じがしないような気がするためです。

札入れもカード入れも、単純に革をカットして最小限と思える縫製で閉じこんであります。無駄な細工を極力避けていて、縫製もシンプルですから、余計な飾りやデザインに惑わされずに使い続けられます。

 

素材感を強調。微妙なデコボコのうねりが絶妙

素材感を強調

この財布は必要にして最小の機能性があると感じます。

札入れは一重ですが、あえて二重にしないところが革の素材感がいかせるのだと思います。カード入れも今日的には、たくさんの枚数を収納したいところを、たった3枚分しかありません。

私の場合、ジーンズパンツの後ろポケットに入れると、ほどよく財布が見えるので程よいサイズに納得しています。あまり分厚くないことで、「お尻で財布が踊っている」といった感じがせず、歩いていても違和感なく持ち歩けます。

触ったときの感触が、なんとも言えず良い感じです。さらっとしています。そして、表面の革が、微妙にわずかにデコボコしているとでも表現していいのか、うねっているのです。

革のなめし工程で、あまり強いプレスをしていなのだろう、と想像しています。

水牛の革ですから、上等とか高級感とかをイメージするよりも、野生味や荒っぽくも使う男らしさとか、カウボーイみたいなアウトドアの味を思い浮かべさせてくれます。

革の表面と内側の手触りの違いは、この財布を持っている人なら言うまでもないでしょう。こっそりと、そっと、触って感触をつい確かめたくなる。こんな感じです。

 

艶が増してエイジングも魅力たっぷり

艶が増してエイジングも魅力

買い求めてからちょうど3年たちました。型崩れは一切ありません。

革の表面も内側も、買ったばかりのころに比べると、少したけ色が濃くなった感じがします。特に革の表面は、実にほどよく、艶っぽくなってきています。使っているうちに、手のひらの脂分が、わずかずつ染み込んでいったのだと思います。

使用の実感として「汚れ」と感じたことはなく、3年たって、風合いがちょうど、よくなってきたころかな、と思います。

買ったばかりの頃は「思っていたより白っぽいかもしれないな」と感じたこともあるので、上手く計算してあると関心さえしています。

傷にかんしては、全くといっていいほどありません。ほどよい柔らかさを保っているので、引っかき傷が付いたことも全くありません。むしろ、多少の傷がついたくらいのほうが、ワイルド感が増して風格が強まるかもしれません。

革の内側は使用しているうちに渋い感じに変化。

使用しているうちに渋い感じに変化

特別に傷はつかないのですが、使い続けていて、ちょっと気になるのは、革の内側のエイジングのことです。不満は全くないのですが、次第に少し黒っぽくなってきたように見えることがあります。

写真は、あえて黒く見える角度から撮影しましたが、普段はこれほど目立つわけではありません。

色の変化は承知していましたし、水牛革の野生的な味を気に入っているので、色がやや濃くなるのは、当然の想定内です。革について一般的な特徴でしょう。気にするほどではありません。

 

好きになったら手放せない水牛革の魅力

水牛革の魅力

手になじんできたころから、以前より愛着がわいてきました。

ワイルドさをいつも演出してくれるので゛、アウトドアのテイストが好きな人に好かれるでしょう。特に年数をさらに重ねると、どのように変化して味付けが加わるのか、今から楽しみです。

若さのイメージなのか、熟成した男たちの持つテイストなのか、いまだによく分かりませんが、この自然で飾らない財布の味は、きっと年齢を問わず、落ち着いたムードをたたえた人に似合うような気がします。

 

楽天市場でチャハットの在庫を確認

 

 - メンズ革財布レビュー集 ,

おすすめブランド
ココマイスターは人気があり品薄が続いている日本の革製品ブランドです。

日本製でイタリアンレザーを使用した上質な長財布が、2万円代という良心的な価格から手に入れられるので、財布をどれにしようか迷っているのであれば、一度は覗いて欲しいブランドです。



プレゼンに最適なJOGGO
こちらのJOGGOは13色の本革を組み合わせ、世界に1つだけのオリジナル革製品をWeb上のシミュレーション画面で、簡単に創れるサービスを展開しています。

名前の刻印や、ラッピング&メッセージカードなども揃えられており、これだけサービスが充実しているのに、本革ラウンドファスナー長財布が14,800円とお手頃価格なため、プレゼントによく選ばれています。



ブライドルグランドウォレットレビュー
JOGGO
ココマイスターのコードバン二つ折り財布を2年大切に使った感想

おすすめの財布レビュー
ロンドンブライドルグラディアトゥールを買った感想レビュー
ココマイスターの『プルキャラッククラウディオ』を購入しての感想
樹木の風合いが魅力的な長財布『オークバークブリストル』をレビュー
1年使ったジョージブライドルロイヤルウォレットを徹底レビュー
マットーネ ラージウォレットレビュー
クリスペルカーフレビュー
アヤメアンティーコレビュー
大人の雰囲気マルティーニクラブウォレットを徹底レビュー
ココマイスターコードバンレビュー
フライングホース
コルボレビュー
ノイインテレッセレビュー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

GUESS(ゲス)の二つ折り財布
GUESS(ゲス)の二つ折り財布を 5年使用した感想

つるつるとした肌触りの皮が好きで購入した、GUESS(ゲス)のメンズ皮財布を、実 …

ミッシェルクランのエイジング
安価で使いやすいミッシェルクラン二つ折り財布の使い心地

このミッシェルクランの二つ折り財布は、リクルート用に購入したものです。スーツのポ …

コムサイズムで買ったダークシルバーでロックな本革財布
コムサイズムで買ったダークシルバーでロックな本革財布をレビュー

この財布は、COMME CA ISM(コムサイズム)で買ったものです。かなり前、 …

Fossil(フォッシル)のメンズ財布
Fossil(フォッシル)メンズ財布の4年間使用した感想をレビュー

Fossil(フォッシル)のメンズ財布を4年間使用したので、使い心地などをレビュ …

1ヵ月後のブライドル・インペリアルウォレット
ココマイスターブライドル・インペリアルウォレットの購入レビュー(スイスレッド)

ココマイスターのブライドル・インペリアルウォレット長財布を買って1ヶ月が経過しま …

値段が手ごろなSEEKER(シーカー)の財布
値段が手ごろなSEEKER(シーカー)の財布を使ってみた!

値段も手ごろで種類が多く、年齢問わず使えるSEEKER(シーカー)の革財布を実際 …

(限定カラー)土屋鞄製造所の長財布を使った感想
(限定カラー)土屋鞄製造所の長財布を使用した自分なりの評価

土屋鞄製造所の長財布を購入しました。 選んだ理由は他の人と同じ財布を購入したくな …

HERMES(エルメス)ドゴンロング
入手困難なエルメスドゴンロングを1年使って感じたことをレビュー

HERMES(エルメス)ドゴンのロングを1年未満ですが、使用して感じた良い点、悪 …

RRL(ダブルアールエル)のサーヴェイヤーウォレット
RRL(ダブルアールエル)のサーヴェイヤーウォレットを本音でレビュー

私の1番の宝物と言っても過言でない、RRLのロングウォレットについて本音でレビュ …

トミー・ヒルフィガー長財布
コストパフォーマンス良いトミーヒルフィガー長財布レビュー

私が使っている財布はTOMMYHILFIGER(トミー・ヒルフィガー)の長財布で …