かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一!!を目指すサイト

かっこいいメンズ革財布の掲載数世界一を目指しているサイトです。ここならアナタの欲しいと思う財布が必ず見つかるはず!!

映画マニア向け!パルプ・フィクションに登場する財布の購入レビュー

   

Bad Mother Fucker財布、通称BMF財布

この財布を見て、「おや? どこかで見た覚えがあるぞ」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです。これは鬼才、クエンティン・タランティーノ監督の映画、『パルプ・フィクション』でサミュエル・L・ジャクソン演じるギャング、ジュールスが愛用していた財布なのです。

映画ファンには堪らない一品ですよね。私はネット見かけてすぐに注文してしまいました。

 

映画グッズ専門店で購入

こちらの財布は映画に関する様々なプロダクトをネット販売しているお店、ビンセントベガ(店名もパルプ・フィクションのキャラクターから取られているのです)の商品で、Bad Mother Fucker財布、通称BMF財布と呼ばれるもの。

財布はカラーや素材別に七種類が取り扱われているのですが、私が購入したのはその中の、革匠黒羽(クロウ)別注品という商品でした。素材はベルギー産のサドルレザーで、値段は35,800円。まぁまぁお手頃? でしょうか。

小銭入れの端に入れられたロゴ

 

革製品に関してはド素人ですが…

私、革財布を購入するのは初めてのことで、ブランドや素材によってどの程度の値段の物が、自分に合っているのかよく分かっていませんでした。

そもそも、レザーの種類も知らなかったくらいで、この財布を購入してから約一年経ちますが、初めの頃は手入れの仕方や道具も揃っていないという具合でした。

ネットで調べればいくらでも革製品の手入れの仕方は紹介されていたのですが、最初の頃は傷がつく度にとても気を落としていたものでした。しかし「サドルレザーは傷がつきやすいレザーである」ということを知り、我慢してきたのです。

傷が付きやすいサドルレザー

画像を見てもらうと結構傷がついているのがわかるかと思います。私の扱いが雑ということもあると思いますが、改めて見てみるとやはり細かい傷が目立ちます。いまだに凹みますね…。

しかし、革の裁断から仕上げまで、すべて一人の職人さんの手作業というだけあって、作り自体は非常にしっかりしています。

一人の職人さんの手作業で作った財布

革製品のクオリティを現すというコバ処理も非常に丁寧で滑らかな仕上げになっているのがわかると思います。

 

使いやすい機能性

容量、また使い勝手の面では、カード入れ三つ。小銭入れ。札入れ。となっており、ファスナーやボタン等は一切ついていません。

私はこの財布に普段十二枚ほどのカード類プラスお札、小銭を入れて使っていますが、元々の生地の肉厚さを抜きにすればそれほどかさばるといったこともないと思います。スキニーなどピチピチなものでなければジーンズの後ろポケットにも入ります。

分厚くない財布

 

サドルレザーのエイジング

何と言っても、サドルレザーの魅力は経年による変化。ということみたいですね。私は革財布初心者なので上手く育てられているのかな、と今も時々不安になったりもしますが、購入当初はラクダ色に近い色だったものが、一年でこれほどの色が出てきました。

手入れは、気の向いたときに柔らかい布(私はストッキングやTシャツの切れ端を使います)で汚れを拭き取る。半年に一度くらい、ニートフットオイルを素手で塗り籠む。くらいです。

オイルはあまり塗り過ぎると革の強度や艶が落ちてしまうそうなので、使用環境によるとは思いますがあまり塗りすぎない方がいいみたいですね。

傷がついてしまうのはまだ少し気になりますが、やはり財布はいつも身につけるものなので、時間とともに味が出てくると愛着も湧きますし、いつまでも飽きずに使えるのかな、と思います。

 

映画好きに絶対オススメ

この財布をおすすめしたいのはズバリ、映画ファンの方でしょう。こうしたアイテムは大人になってもついつい気になってしまうものですよね。財布自体は本格的なものなので長く使えますし、ファングッズとしては言わずもがな。

逆にあまりおすすめできないかも、と思うのはビジネスシーンなどで人に財布を見せる機会が多い人でしょうか。

フォーマルな場やビジネスの場ではちょっと使いにくいですね。ただ、普段使い用としてメインで使用するものと用途をわけて購入するには非常に面白い財布だと思います。

映画好きの人となら、たとえ初対面でもこの財布をきっかけに映画談義に花が咲くことは間違いないでしょう。

 

 - メンズ革財布レビュー集 , , ,

メンズ財布ブランド選りすぐり10選

おすすめ記事

財布や鞄・バッグを買う前に知るべき日本の革ブランド65選

メンズ革財布を扱っているイタリアのブランド33選

ナチュラルな風合いがたまらないヌメ革の財布ブランド10選

素材の良い財布が欲しいのでハイブランド品の原価がいくらか調べた件

ブライドルグランドウォレットレビュー
JOGGO
ココマイスターのコードバン二つ折り財布を2年大切に使った感想

おすすめの財布レビュー
ロンドンブライドルグラディアトゥールを買った感想レビュー
ココマイスターの『プルキャラッククラウディオ』を購入しての感想
樹木の風合いが魅力的な長財布『オークバークブリストル』をレビュー
1年使ったジョージブライドルロイヤルウォレットを徹底レビュー
マットーネ ラージウォレットレビュー
クリスペルカーフレビュー
アヤメアンティーコレビュー
大人の雰囲気マルティーニクラブウォレットを徹底レビュー
ココマイスターコードバンレビュー
フライングホース
コルボレビュー
ノイインテレッセレビュー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ホワイトハウスコックスの三つ折り財布S1058
ホワイトハウスコックスの三つ折り財布S1058を5年使った感想

メンズ雑誌にも特集記事が度々組まれるホワイトハウスコックスの財布を、実際に5年間 …

motor長財布
本池秀夫が手掛けるMOTORのレザーウォレットをレビュー

私が使っている財布は、世界的に有名なレザーアーティストである本池秀夫が1971年 …

ダンヒル二つ折り財布
使っているからよく分かるダンヒル財布の革質やエイジングについて

私はダンヒルの財布を使っています。 黒を基調とした男らしいデザインが多く、時代時 …

印傳屋(INDEN-YA)たかね長財布
印傳屋(INDEN-YA)たかね長財布を使った感想をレビュー

甲斐(現在の山梨県)の伝統工芸品である、甲州印傳の長財布について、使った感想等を …

無難でシンプルカルバンクラインの財布
社会人デビューにオススメなカルバンクラインの長財布をレビュー

初任給で何を買おうか、ボーナスはいくら貰えるだろうか。そんな楽しみの前に意外と出 …

スーツやビジネスに合う薄くシンプルなダンヒル長財布
スーツやビジネスに合う薄くシンプルなダンヒル長財布の使い心地

私が今使っているダンヒルの財布について紹介します この財布を選んだ理由は、店頭で …

ubelot二つ折り財布
ネット通販で購入したUBELOTという3,980円財布の評価

ネットショップで見つけた安い本革の財布 私は今までこれ!と言ったしっくりくる革財 …

ポーターの長財布
白のメンズ長財布吉田カバンポーターの使い心地を本気でレビュー

私が気に入って使っている、吉田カバンのPORTER(ポーター)の財布を、全力で評 …

キャラメルカラーの可愛らしいヤツ
キャラメル色の二つ折り財布『ジョージブライドルバイアリーパース』をレビュー

キャラメル色でココマイスターの二つ折り財布『ジョージブライドルバイアリーパース』 …

PILOTの長財布
1年間PILOT(パイロット)の長財布を使用した本音レビュー

PILOTと言えば、万年筆で有名な文具メーカーですが、実は文具以外にも革製品の小 …